生活

トイレットペーパーの詰まりを自力ですぐ直す方法

2016年3月26日

syuuri

 

一人暮らしをしていた時、古く水の流れが良くないアパートに住んでいたのですが、

 

トイレが詰まりやすくて困っていました。

 

トイレを詰まらせてしまうとラバーカップを使って必死に水の流れを確保するといったことはありがちです。

 

しかし、ラバーカップを使ってもうまく対処出来ない時や、水が引いてくれない時には

 

水ではなく、少し温めたお湯を流すのが効果的です。

 

やかんに水道水を入れ、沸騰する手前くらいまでお湯を沸かして、やかんを温めます。

 

熱湯状態のかなり高温のお湯を、便器に流してしまうと、

 

陶器製の便器はひび割れてしまったり、突然の温度変化により亀裂が入ってしまうリスクがあるので、あくまでお湯は暖めすぎないことが大事です。

 

トイレットペーパーは水に溶けますが、お湯を流すとより溶けやすくなりますし、

 

ラバーカップだけを使ってトイレの詰まりに対処するよりも遥かに効率良く、迅速にトイレの流れを良くすることが出来ます。

 

トイレの詰まりを防ぐには、出来るだけトイレットペーパーは一度に流さず分けて流すようにすることが基本です。

しかし、万が一トイレが詰まった時には水ではなく、温めたお湯を便器に流すという方法は知っておくに越したことがないと思います。

また、あくまで温度は60度くらいと温めすぎないことが肝心です。

業者さんを呼ぶよりも、安く手軽にトイレの詰まりを解決出来ます。